ギラン・バレー発症の記憶

HCU 1

タケです。 暫く、入院生活を書いていなかったので、 久しぶりに、入院生活の記憶に戻ります。 ICUでの生活も3日経ち、2度の血漿交換を終えて、筋力の低下も底を打った様子。 首から下は相変わらず動きませんし、かつ首から管が出ていて首もほとんど動かせ…

訪問リハの回数を減らしました

タケです。 前回の投稿を見てみると、11月9日。 障害者手帳を受け取った話。 もう、約4ヶ月。。。 その間の色々な事のうち、忘却の彼方に消えたものも多数。 とはいえ、4ヶ月前できなかったことで出来るようになったことも多数。 また、ちょろちょろ記事を…

障害者手帳2

タケです。 手帳受取当日。 タクシーに車いすを積んでもらい、妻と市役所に。 ギランバレーの影響か、入院前と比べて恐ろしく乗り物に酔いやすくなった僕は20~30分ほどの乗車でもかなり衰弱。 ちなみに、車いすって慣れてないと折りたたんだり戻したり…

障害者手帳1

タケです。 先日、身体障害者手帳の交付を受けました。 申請を9月下旬に行ったばかりで、10月にはもう交付というのは、予想外の早さです。しかも日付を見ると、10月上旬。 半月もかかっとらんがな。 お役所の皆様、御見それしました。 社会に復帰する為…

子供との再会

タケです。 退院した日の子供たちとの再会について。 退院した日、二人の子供たち(ちょま、のん)は幼稚園に行っていました。 一緒に帰ってくるかと思いきや、ちょまは幼稚園の後、サッカーの練習があるため別々に帰ってくるとのこと。 子どもたちとは、暫…

退院

タケです。 先日、退院しました。 最後の日は、ちょっぴりしんみり。 嬉しいような、名残惜しいような、、、 朝、5時ごろに目覚めたので、最後の日の出でも見ようと、廊下の端っこまで車椅子で移動。窓の枠に掴まりながら立って暫く東の空を眺めていました…

心の切り替え その2

タケです。 前回、「心の切り替え その1」と書いたので、続編を。 ICUにいる時に、ベッド脇で妻が暗い顔で言いました。 「悪いことばっかり起こる」 色々な出来事を悪いことと捉え、そしてツイてない、運が悪い、なんで私たちばかりこんな目に、、、などと…

心の切り替え その1

タケです。 入院して早々に、意識したのが 頭の切り替え、というより心の切り替えです。 ICUでの格好は、オムツに手術着の様な服。 あちこち紐で結ばれていて、結び目を解くといつでも裸になれそうな服です。 食事の度に、ベッドを起こされ、泡の様な食べ物…

2回目の血漿交換

タケです。 2回目の血漿交換 は、入院3日目でした。 血漿交換1回の体への負担が大きいため、日を開けて行うとのこと。 記念すべき1回目を写真に収めることが出来なかったため、2回目こそはと考えていましたが、まだ面会者が誰も来ていない中、血漿交換の…

べべん、べん。便。

タケです。 ICUで感じたことを徒然なるままにシリーズ。 今回のテーマは、その名も、 べべん、べん。便。 はい、 う・ん・ち でございます。 お食事中スマホ片手にご覧の方は、食事を終えてからご覧ください。 ギラン・バレー症候群に限らず、体があまり動か…

かゆい・かゆい・かゆい

タケです。 ICUで感じたことを徒然なるままに。 入院した初日は、目まぐるしく色んなことが起こったため、瞬間的に苦しいことがあったとしても、全体的には面白いが勝っていましたが、2日目から少し状況が落ち着いてくると、辛いところにも目が行くようにな…

ICUの看護師さんたち

タケです。 ICUで感じたことをつらつらと。 まず、看護師さん。 ICUの看護師さんは、当番制で、朝と夜の2交代。 交代の時に、挨拶しに来てくれます。 「今日担当の〇〇です、よろしくお願いします」 ICUの看護師さんの体制は、厚生労働省から下記の指針が出…

2日目の午後

タケです。 両親と会うところからです。 両親は、昨日(入院初日)は、丁度、関東にまで旅行に来ていたとのことだったので、途中に立ち寄るのだと思っていたら、昨日までの旅行だったらしく、昨晩、大阪に着いて、今朝、発ってきたらしいです。 昨日夜遅くに…

2日目の朝

タケです。 少し体調崩していましたが、回復基調なのでブログ復活です。 体調崩した際、その体調の悪さを押して病院にまで行く必要がないのが 入院中の良さですかね。 さて、1日目の夜は、始めのころは少し寝て目覚めて、また、ぼぉ~っとして を繰り返して…

初めての夜

タケです。 指の痛みが取れないので、短めの記事を書いていきます。 入院一日目の夜です。 ナースステーションとの間を仕切るカーテンが全開のままなので、 ずっと、ナースステーションの様子が見えます。 その逆もしかりで、常にナースステーションからこち…

ギラン・バレー発症の記憶9

タケです。 血漿交換の開始からです。 まずは、首から飛び出している管に、注射器の様なものをつなげて、血を抜き取ります。 そして、その血を布のようなものの上にちゅ~って出します。 って、何、そのちゅ~って。無駄遣い??僕の貴重な血を。 と言っても…

ギラン・バレー発症の記憶8

タケです。 今日の病院での夕飯にスイカが出ました。 奇しくも、リハビリ中に「瓜田に履を納れず」という言葉を知ったその日に。 「李下に冠を正さず」とセットで、「瓜田李下(かでんりか)」という言葉もあるんですね。 人に疑われるような言動は慎まなけ…

ギラン・バレー発症の記憶7

タケです。 毎日ブログ更新をリハビリとして課していますが、未だルーチン化出来ていません。 まだ試行錯誤しています。 さて、治療方針も決まり、集中治療室?の様なところに運び込まれたところから、いよいよ治療が始まります。 首から下は殆ど動かせない…

ギラン・バレー発症の記憶6

ブログに広告を貼らせて頂き、医療費の足しにしようと虎視眈々と狙っているタケです。 なんと、早速広告収入がありました。2円。 振込手数料引いたらマイナスですけど。。。 いずれにせよ、ご覧の皆様有難うございます。引き続き頑張って書いていきます。 …

ギラン・バレー発症の記憶5

このブログの存在を、妻とその周りにバレてしまったので、表現に制約が発生しそうなタケです。しかし、日本国憲法第21条の精神に従って引き続き頑張ります(笑) 第二十一条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。検閲は、こ…

ギラン・バレー発症の記憶4

指のリハビリのため毎日ブログ更新すると決めたタケです。 3/24の朝の続きです。 ベッドに横になりながら朝になるのを待っていたら、部屋にちょまが入ってきました。 休日になると異常に早起きになり、ベッドに潜り込んできて暫く一緒に横になる。 そん…

ギラン・バレー発症の記憶3

入院して5ヶ月が経ちました。タケです。 それでは、入院する日のことを頑張って書いていきます。 3/24の目覚めは早かったです。 早朝に目が覚めると、お腹が少し痛い。 トイレに行こうと、体を起こそうとすると違和感ありあり。体に力が入らない状況か…

ギラン・バレー発症の記憶2

病院の中で、毎日忙しくしていて、入院しているのに過労で倒れそう、 といった冗談ともつかない話をしているタケです。 流石に、5か月前の出来事ですので、はっきりと覚えていない部分も ありますが、ギラン・バレー発症のあたりを書いていこうと思います。…

ギラン・バレー発症の記憶1

暫く間が空いてしまいました。病院でオンライン英会話をやっていると、英会話講師から「あなた、本書きなさいよ」と勧められたタケです。 本を書く代わりにとりあえず、ブログを書き進めようと思います。 今日は、ギラン・バレー症候群を発症したあたりの記…